結婚式に行くことになった時の衣装のマナーって?

着てはいけない服装って?

社会人になると結婚式に呼ばれる機会が増えますよね。参加者の顔ぶれによっては、毎回に多様なドレスを着るわけにはいかないので、毎回のドレス選びに悩んでしまいますよね。個々のドレスを見る前に、知らず知らずのうちに非常識な格好になっていないかをまずは確認してみましょう。結婚式のゲストが絶対に来てはいけない格好は、喪服を連想させるブラックのドレス、そして結婚式の主役である花嫁と被るホワイト系のドレスなんです。

親族として参加をする場合

ブラックとホワイトのドレスを避けるという基本を守っておけば、後は極端に目立つようなドレス姿にならなければ大丈夫です。親族として参加する場合の服装ですが、他のゲストよりはワンランク格式の高い服装をするのがマナーとされています。肌が露出するようなドレスやスカート丈の短いスーツなどはやめておいた方がいいでしょう。正式にはアフタヌーンドレスなどを着用するのが正しいとされていますが、今はそこまでしっかりしなくてもいい場合も増えましたね。

通常のゲストの場合は

最近はレストランやガーデンで行うカジュアルな結婚式も増えましたから、ドレスコードが緩やかな場合もありますよね。基本的なルールさえ理解しておけば、後はその結婚式にマッチした華やかな格好をすればOKです。靴はパンプスが無難でしょう。ドレスコードが緩い場合でも、サンダルなどはやめておきましょう。時間帯が昼間である場合など肌の露出を避けたい場合は、上半身にショールを羽織ったり、ボレロを着用しておけばいいでしょう。

結婚式場を東京で契約する方法は、各地域の結婚情報誌などで紹介されることもあり、具体的な日取りや費用の相場を確かめることが重要です。