婚約指輪はやっぱり欲しい!女性の本音とは

婚約指輪は要らない?

昔、ジミ婚などいう言葉がはやった時代もありましたが、景気がなかなか上向きにならない時代には華やかな結婚イベントもジミなものになりがちです。堅実な考えを持たざるをえなくなったカップルたちは、派手な結婚式を挙げないだけではなく、式自体をやめてしまったりと新生活のみにお金を投資しようとします。そんな中、かなりの確率で省かれてしまうのが婚約指輪でしょう。結婚指輪は最低限用意するとしても、婚約指輪は不要になってしまうのです。

やっぱり欲しい!女性の本音

そうはいっても、女性の本音はやはり違うところにありそうですね。子供の頃にお姫様のようなフワフワのフリルがたくさん付いたドレスを着てみたいと夢見ていたのが、女性というものなのです。そんな幼い頃の夢を実現できるのが、自分が主人公となる結婚式です。もちろん、考えは人それぞれではありますが、華やかなウェディングドレスはやっぱり一生に一度は袖を通してみたいし、婚約指輪だって本当は省いてほしくなんてないのです。

未来の夫からのサプライズ!

しかも、それが未来の夫となる人からのサプライズでのプレゼントであれば、これはもう女心を完全に鷲掴みされてしまった状態となるでしょう。「婚約指輪なんて必要ないよね。」そんな女性の言葉は、実はう鵜呑みにされたくはないのです。多少の無理をしてでも、多少指輪のお値段を落としたとしても、婚約指輪だって一生に一度のものに違いありません。ささやかさはサプライズというビッグプレゼントで帳消しとなるに違いないでしょう。

婚約指輪とは、プロポーズの言葉と共に結婚したいと思っている相手に渡す物です。使用する指輪というより、記念を意味する指輪として、ダイヤモンドなどの宝石をあしらったものが多いです。