今の時代の結婚式のスタンダードの一つ!家族婚とは

家族婚ってどういうもの?

最近は地味婚やナシ婚など、先行き不安な時代を反映してか、結婚式を派手に行う傾向は薄れつつあるといえます。そういった流れの中で、結婚式のスタンダードになりつつあるのが、家族婚という形式です。この家族婚とは、文字どおり、家族だけで結婚式から披露宴まで済ませてしまうという形式になります。家族婚とはいいながら、呼ぶ人に親戚を含めたり、ごく親しい友人を含める場合もありますが、いずれにせよ、少人数で、小規模に行うというのが家族婚の特徴になります。

家族婚のメリットとは?

家族婚にはどういったメリットがあるのでしょうか?まず、呼ぶ人が少なく、催しなども簡素で小規模になるため、予算はとても安く済むのが特徴です。そして、全体的に簡素な式となるため、その調整に必要な時間が少なく済むというメリットもあります。また、ごく近しい、親しい人達しか呼ばないので、とてもアットホームな雰囲気の、あたかい式になるということが期待できます。さらに、親しい人に限ることで、その分料理などに予算をかけることで、おもてなしを豪華にしやすいというメリットもあります。

家族婚のデメリットとは?

家族婚には予算や手間の点でメリットが多いですが、デメリットにはどういったものがあるのでしょうか。まず、近しい人しか呼ばないため、職場や遠い親族などへの結婚の報告をする場を一度に設けられないというデメリットがあげられます。そのため、家族婚を上げた後に、いろいろなところに結婚の挨拶に行ったり、挨拶状を出したりといった手間がかかるかもしれません。また、これは価値観次第なのですが、式があまりに簡素で地味すぎて、一生の一度の結婚式に寂しさや物足りなさを感じてしまう場合があります。こういった結果にならないためにも、結婚する二人でよく話し合い、理想の家族婚としていく必要があります。

家族婚はアットホームな雰囲気に包まれているので事前に相談をすればテーブルのレイアウトにもこだわることができます。